ヘアーバース サプリの成分ってどうなん?

育毛サプリの比較は、主に成分になってくるかと思います。

これは男性も女性も同じですよね。

女性用と男性用というのは、主に何が違ってくるのか、この辺も調べていこうかと考えていますが、これはまた別の機会にでも。


で、成分に本当にこだわっているな、と思ったのは、ヘアバースサプリ。

今回はその成分について記事を書いていきます。




ビタミンB1

ビタミンB1は、育毛効果があるとされている成分の一つです。ヘアバースサプリメントには、ビタミンB1が含まれています。

髪の毛の細胞には、毎日多くのエネルギーが消費されていきます。ビタミンB1が不足してしまうと、栄養からエネルギーに変化できなくなります。その分髪の毛の細部王分裂が鈍くなり、成長の妨げを起こすとされています。

髪の毛の成長のためには、ビタミンB1を摂ることは必須です。

豚肉や、玄米に多く含まれています。

パントテン酸 カルシウム (ビタミンB5)

頭皮に潤いをあたえ、ストレスによる抜け毛を防ぐはたらきをします。
体の中で、糖分、脂質、タンパク質を髪の毛や皮膚となるエネルギーに変換してくれる、体の中では必要な成分です。

様々な食品に含まれていることから、名前には、いたるところに存在する酸という意味が含まれているそうです。

主に、ストレスの緩和や動脈硬化の予防に期待されています。
ストレスによって抜け毛が増えているのかも…と思っている人に、丁度いいかもしれません。
ストレスから体を守るための成分だと思っています。

また、肌や髪の健康を維持する効果をもたらすとされているビタミンCの働きをたすけるともされています。間接的ではありますが、育毛に対しての期待は持てます。

ケラチン

髪の主成分として、90%以上含む形で構成するタンパク質です。
フサフサを育むためのもととなる成分です。
分け目やてっぺん部分などには、絶対に必要なタンパク質なのです。

髪だけでなく、皮膚や爪もケラチンで構成されています。

L-シスチン

ケラチンと同様に、フサフサを育むもととなるアミノ酸。

また、シミの原因とされているメラニンの生成を抑制する働きがあるとされているので、そこからい美肌や美白効果があるとも言われています。
育毛活動をしながら美容効果も期待できるという嬉しいオプションみたいな感じだと思っています。

乾燥酵母

乾燥酵母は日本国内でも古くからあるサプリの1種。
乾燥酵母にはさまざまな種類のアミノ酸とビタミンが含まれています。

大きな特徴は、多くの種類のりん、カリウム、どうなどのミネラルが含まれているということ。
毛髪を育てるためには、ケラチンやL-シスチンなどのタンパク質だけではなく、豊富なミネラルやビタミンが必要とされています。

葉酸(ビタミンM)

細胞分裂に不可欠なビタミンの一種です。

大豆イソフラボン

髪の持続的な成長のために最も重要である、女性ホルモンのエストロゲンと
分子構造が類似しており、似た働きをします。

亜鉛

細胞の新陳代謝にかかわる200種類以上もの酵素を構成する重要な成分です。

ヘアバースサプリメント

女性専用のサプリですが、男性にもちゃんとオススメされていますし、国内承認された成分のみということで、妊婦さんにもオススメされています。

女性用ヘアバースサプリ